USB-AからUSB-C「 JR INTL USB 3.0 Type C ケーブル ナイロン編み高耐久【0.2M+1M 】」レビュー

Androidスマホ

2メートル長でUSB3.0対応では最廉価クラス!「 JR INTL USB 3.0 Type C ケーブル ナイロン編み高耐久【0.2M+1M 】」のレビュー

最近のAndroidスマートフォンは「USB Type-C」を採用していて、これまで使用していたmicro Bとは互換性がないです。なので新たに通常のPCのUSB(TypeA)に接続できるケーブルを購入してみました。

購入したのはJR INTLのType-A to Cケーブル

Amazonにて購入しました。メーカーは「JR INTL」という聞いたことがないメーカーですが、恐らくメーカーではなくOEM品だと思うので(理由は極めて類似の製品が多数ほかブランドで出品されているので)メーカーがどうのこうのというのは無いと思われます。

こちらを選んだ理由は、「2メートル」という長さと、「USB3.0ケーブルでは最廉価クラス」という価格です。私が主に使用するスマホは「Galaxy S9」で、S9はUSB3.0に対応しています。なのでせっかくですからPCとの転送速度的に有利なUSB3.0対応のこちらを選んだわけです。

ベッドの上で充電しながら使いたかったというのもあり、長めの2メートルのこちらが良さそうだったというのもあります。

開封。購入したのは「2メートル」と「20センチ」の2本パック

それでは開封していきます。

開封すると、白く柔らかな梱包に入ったケーブル本品と、18ヶ月保証と書かれたカード(保証書と保証を受ける際の連絡先)が入っていました。

ケーブル本体を取り出しました。左が0.2m(20cm)のケーブルで右が2m(200cm)のケーブルです。長い方には結束できるマジックテープバンドが付属していました。

ケーブルはナイロン編みで覆われており、曲げや引っ張りなどのストレスに対し高耐久とのこと。

耐久性は確かめようがありませんが、とにかくゴワゴワで硬いのでかなりの耐久性があるように感じます。擦れなどの摩耗にもかなり強そうです。

端子の持ち手部分はグレーにアルマイト処理されたアルミで覆われていて質感はなかなかですね。

じっくり見て試してみる。

端子のクオリティーなど細部をじっくり見てみました。

USB Type-C端子です。

USB Type-C側です。左が今回購入したケーブルで右は100円ショップダイソーの2.0のタイプCケーブルです。ダイソーのものには折り目?継ぎ目のようなものがありますが、こちらのケーブルにはそれがありませんでした。外観としては美しいですね。ただ、価格差が10倍なので、、、当たり前という気もしますが。

スマホに接続してみました。接続感はカチッとしていて、上質です。ダイソーのものはそもそも接触が悪く、触っただけでPCや充電器を認識しなくなりますし、リバーシブルなはずのTypeCなのに片面でしか使用でできていなかったです。

当然ですが、こちらのケーブルは両面で使用可能。グラつきも少なく良いです。加えてグリグリとコネクターに力を加えても接続は維持されていました。USB3.0対応ケーブルでは非常に安価な部類の製品ですがコネクターの質は最高です。

USB A(通常のUSB)「最初は不良品?→なにもしていないのに今は正常。。?!?!?」

USB Type-A側です。こちらも先程と同様で左が今回購入したもの。右はダイソーのUSB-Cケーブルの端子です。

外観は普通ですね。右の100均のも普通でしたが。

個体差かもしれませんがUSB Type-A側は若干接続が甘い感じがしました。

USB3.0ということで端子の構造上、コネクターを最奥まで挿入する必要があるのですが、最奥まで入れると低速充電になったりPCとの通信が途絶えたり、電流が途絶え切断されることが有りました。

2本とも同じ症状だったのでロット単位での不良か「仕様」という可能性もありますね。

ただ、しばらく半刺し(USB2.0で動作)で使用していたところ、いつの間にか最奥に刺しても普通に不具合がなくなってUSB3.0でも使用できる様になっていました。解せませんが。

最初は「不良品か?欠陥設計?」と思って、1000円程度だし交換や返品も面倒でしたので、放置気味&半刺しで中途半端に使用していましが今は普通に使ってます。(使えるようになっちゃってます。めでたしですが解せませんね。)

まとめ。実際にしばらく使ってみて。「正直スマホならUSB2.0ので十分だ。」

私はスマートフォンで使用するためにこちらのケーブルを購入しました。ケーブルの品質や価格に対する価値は十分に有りました。購入してよかったと思っています。

ただ、実際に使ってみた感じとしてはUSB3.0の速度を感じることができませんでした。というのも、スマートフォンのSDカードやストレージは外部のPCとの転送は低速だからです。実際にUSB2.0のケーブルでもUSB3.0でも多少速度が上がる場合があるものの、大きく速度が上がることはありませんでした。

例えばスマホではなく外付けのポータブルSSDやHDDがType-Cの場合は明らかな速度アップ、USB3.0による恩恵があります。

とにかく個人的にはスマホで使用する場合、現状USB2.0ケーブルで十分というか日頃の充電でも使いたいというのであればむしろ2.0ケーブルの方が良いかもしれませんね。

というのも、USB3,0対応のケーブル太いものが多く、今回のモノもかなりしっかりしているケーブルです。なのでお世辞にも取り回しが良いとは言えず、「もっと曲げたい。」と感じるシーンもあると思います。極太なUSB3.0のケーブル特有の問題ですね。ただ、それでも転送が早かったり、充電が早かったりすれば納得もできますよね。しかし現実はスマホの場合、恐らくそこまで2.0とは変わらないです。※100均のケーブルであっても特殊なものでなければ急速充電にも対応していますし。

ですからUSB3.0ではなくスリムタイプでしなやかで取り回し重視なUSB2.0ケーブルの方が結果的に満足できるかもしれないと思いました。

とはいえ試していない活用法として、4G・5G環境下でのUSBテザリングやスマホ同士の通信用としてなど、PCとの転送以外の使い方であればUSB3.0ケーブルの真価を体感できる可能性もありますね。

USB3.0ケーブルで良いのは無いかと調べている方は、一度、ケーブルの太さがsmartじゃなくても良いのかどうか。考えてみてくださいね。

長くて安い、USB3.0対応のUSB Type-A to Cケーブルをお探しの方にはいい選択肢になる製品でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました