【傷消し】ステンレス製の「iPod nano」を「ピカールケアー」で磨いてみた。

オーディオ・ビジュアル

ステンレス製の「iPod nano (第1世代)」を「ピカールケアー」で磨いてみた。

先日今更ながら初代iPod nanoを購入したのですが。中古品ジャンク品ということで傷だらけでした。なので、今回はピカールケアというコンパウンド研磨剤を使用して傷消しをしてみたいと思います。

該当記事
「初代 iPod nano」を今さら購入。写真多めでレビューします。

「初代 iPod nano」を今さら購入。写真多めでレビューします。
更ながら。初代iPod nanoを購入したので写真多数でご紹介。実際に使用しての感想、音質については今でも使えるのかなど、色々チェックしました。あとリコール対象製品だったのでそのことについてもお話します。

ステンレスiPodは磨ける。

iPod nano (第1世代)です。使用に伴う傷がこのように入ります。これはこれで味になるのですが、このようなステンレス製iPodの場合、コンパウンドを使用して磨くことができます。

アルミニウム筐体のiPodは磨くことができません。磨くとアルマイトの表面が薄くなりムラになったりクスミの原因になります。

ステンレス製iPodは磨くことができますが、刻印された文字やAppleロゴなどは避けて磨いた方が良いでしょう。ロゴ部分などを磨くと多少なりとも薄くなってしまいます。

ステンレスの磨きには「ピカールケアー」がおすすめ。

どのようなコンパウンドを使えばよいのかについてですが個人的にはピカールケアをお勧めします。大容量かつ低価格、そしてアマゾンなどでも簡単に購入ができますので、入手性もよい。強力なコンパウンドとなっており。頑丈なステンレスもしっかりと磨き上げることができま。それでいて粒子が細かいので艶出し仕上げになりま。 iPodなどのステンレス製品の傷消し・磨き。艶出しにはもってこいかと思います。

created by Rinker
ピカール(Pikal)
¥721 (2024/07/20 22:37:59時点 Amazon調べ-詳細)

作業開始

それでは、実際に「ピカールケアー」を使用し、iPod nanoの背面を磨いていきます。

少量取り出し。

ペーパーウエスや柔らかい布などで磨きます。なお、先にご説明した通りロゴなどの刻印部分は避けるほうが良いです。と入ってもマスキングすると境界がはっきりしてしまうので、今回は意識的にロゴや文字の上は力を抜くようにして作業しました。

さて。気が済むまで磨き上げましょう。

完了 傷消し成功

磨き上げました。いかがでしょう。傷などはいまだ残っておりますが、始める前よりはだいぶきれいになりました。
全体的に細かな傷が目立いっていましたが、このように、磨くことによって細かい傷はなくなり艶が復活しました。

完璧ではありませんが満足のゆく結果です。ロゴなどもほとんど変化なく仕上げることができて傷消しは成功です。

created by Rinker
ピカール(Pikal)
¥721 (2024/07/20 22:37:59時点 Amazon調べ-詳細)

BeforeAfter ビフォーアフター

磨く前と後の比較です。

上:磨く前。
下:磨いた後。

‐‐‐

上:磨く前。
下:磨いた後。

磨きによる傷の減少は明白。キレイになりました。

まとめ ステンレスiPod nanoはピカールケアーで傷消しできる。

ピカールケアーを使用して。ステンレスボディの初代iPod nanoの傷消しを行なってみたというお話でした。
お伝えした通りロゴや文字などの刻印部分は極力避ける必要はあると思いますが、そこを気を付ければしっかりと磨き上げることにより、それなりに傷を消せることがわかりました。

created by Rinker
ピカール(Pikal)
¥721 (2024/07/20 22:37:59時点 Amazon調べ-詳細)

 

関連記事(当サイト内)

【傷消し】ステンレス製の「iPod nano」を「ピカールケアー」で磨いてみた。

【BeforeAfter】ステンレス製iPodなどの傷を磨いてキレイにする。
ステンレススチール(stainless steel、SS)のiPod touchをピカールケアーで傷消ししてみました。使うものやコツなどをまとめています。

iPhone7 ジェットブラックのキズを磨いて消す方法。使える研磨剤と無駄だったモノなど。

iPhone7 ジェットブラックのキズを磨いて消す方法。使える研磨剤と無駄だったモノなど。
iPhone7のツルテカブラック「ジェットブラック」の傷をきれいに落とす方法とコツ・注意点について解説します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました